富山と東京 7月号(平成30年)発行

toyamatotokyo201807

表紙の言葉

富山城は、天文12(1543)年に神保長職が築き、本拠地としました。
その後、寛永16(1639)年、前田利次が富山初代藩主となり富山城に入城し、本格的な整備が進められ、約200年間、富山前田家の居城であり、富山藩政の中心として維持されていきます。
明治6(1873)年、新政府の命令により富山城は廃城となりますが、旧城域には近代的な建物が新たに建設されていき、富山の新しい政治・経済の中心となりました。
昭和29(1954)年、戦災復興記念として富山産業大博覧会が開催され、その記念建築物として天守閣が建設されました。以降、半世紀にわたって郷土博物館として、中心市街地のランドマークとして広く市民に親しまれています。
瀧廉太郎の「荒城の月」の着想の元になった城のひとつともいわれています。

目次

・ニュース
・県人会だより
・平成30年懇親のつどい
・会員だより
・随想 随筆
・450㎞徒歩の旅
・ふるさとメール
・首都圏だより
・スポットライト
・イベント案内 栄誉・栄任
・日本橋とやま館 開館2周年を祝賀
・名刺広告
・名刺広告 編集後記
・広告