高岡の食と工芸展(日本橋とやま館)に行ってきました

2022年3月14日(月)~3月20日(日)に、日本橋とやま館において「高岡のうまみとたくみ~あたらしいとなつかしい 高岡の食と工芸」展示会が開催されています。
https://toyamakan.jp
会場では、「昆布商品」や「高岡銅器」の展示販売が行われ、高岡の特産品を身近に見ることができます。
訪問した時間が丁度お昼時だったため、その奥にお店を構える和食レストラン「富山はま作」のランチタイムに巧くハマったので暖簾をくぐってきました。

日本橋とやま館内の奥で店を構える「富山はま作」の店頭。

上写真の右に置かれたランチメニュー辺りのアップ。

上々写真のさらに右に置かれたお飲み物メニュー辺りのアップ。

ランチタイムの富山はま作はほぼ満席の人気店でした

店内は木材を主体にした空間が広がる落ち着いた雰囲気です。
お席は、お昼時なこともあってかすでにほぼ満席の状態でしたが、けれどもタイミング良く着席することができました。ただしそのために店内の写真を撮ってない点はお許しくだい。
今回食したのは「氷見うどん(温)とマス寿司のセット」です。

氷見うどん(温)とマス寿司のセット。うどんに載っている揚げ物は白えびの天ぷら。

氷見うどんの乾麺はショップフロアにて発売しています。

この日のランチタイムのメニューとしては、他に「富山米わっぱ」「刺身定食」「白えび入り刺身定食」「黒部名水ポーク醤油麹焼き定食」「一口カツと富山牛入りコロッケ定食」がありました。
詳しくは下記URLからお願いします。
https://toyamakan.jp/restaurant

バーラウンジにて富山の銘酒飲み比べ

グーグルマップで「富山県アンテナショップ日本橋とやま館」をクリックして、さらに「写真」をクリックすると、かなりの確率で出てくるのがバーラウンジ「トヤマバー」の写真です。
ある意味「日本橋とやま館」の名物スペースとなっていますが、ランチタイムの帰路に前を通った時にはお客さんが誰も居なかったので、うっかり寄ってしまいました。もちろん、日本酒を飲むためです。

バーラウンジ「トヤマバー」は通路に面したオープン・スタイル。椅子席の背面側にはテーブル席もあります。

オーダーの仕方は、レジ反対側に設置されている陳列棚から好みのお酒の銘柄を選んで、レジに居る方へ告げるシステムになっています。

レジの対面に設置されている陳列棚。

右が価格表。

今回は「富山の銘酒の飲み比べ」にして、「羽根屋翼」「勝駒」「三笑楽」を選んでみました。

富山の銘酒の飲み比べは3種×30ml。右上は「富山のお水」。手前は高岡フェアの期間中(3月20日まで。※各日なくなり次第終了)にもらえる「昆布パイ」。

東京・日本橋の地において真昼間に日本酒の味比べをするのは、アンテナショップならではの観光気分だったら許せそうです。
詳しくは下記URLからお願いします。
https://toyamakan.jp/bar

なお、次のイベントは「富山のサイクリングコース展」を2022年3月22日(火)~4月10日(日)に予定しているそうです。

報告する