富山市内電車でSuicaなどが利用できるようになる

富山地方鉄道(株)・富山市・西日本旅客鉄道(株)が連携して、富山地鉄市内電車においてICOCAなど全国の10種類の全国交通系ICカードが使用できるよう整備を進めていたが、このたび、2021年10月10日(日)始発より市内電車区間において全国交通系ICカードを利用できるようになる。

電車は左から、7000形7022レトロ電車、T100形。富山駅にて。ちなみにタイトルは7000形で、中町(西町北)にて。

なお、従来のecomyca(えこまいか)・passca(パスカ)はこれまで通り利用できる。
新たに利用できるようになる全国交通系ICカードは、ICOCA・Kitaca・Suica・PASMO・manaca・TOICA・PiTaPa・はやかけん・nimoca・SUGOCAの10種類。
ただし上記の他社系10カードでは富山地鉄の鉄道線や路線バスでは利用できないとのこと。
それとチャージは、富山地鉄の営業窓口や車内では行っていないそうなので、富山においてチャージする場合にはJR駅・主要コンビニにてチャージすることになる。

電車は左から、7000形、7000形、8000形、T100形。富山駅にて。

富山市内電車で、首都圏ではお馴染みのSuica・PASUMOが利用できるようになり、これで東京から訪れる場合のウッカリタッチがなくなり便利になるだろう。
とはいえ、富山に帰った時の地元の知り合いウケにはecomycaを利用する方がネタになって面白そうだが…。

ここに掲載の内容はアップ日時点の情報になります。その後に状況の変化や、変更があった場合にはご容赦ください。

報告する