あいの風とやま鉄道413系AM02編成ラストランメッセージ

あいの風とやま鉄道で活躍している413系電車全4編成(2022年5月5日以前)のうち、新北陸色(白にブルーの帯)のAM02編成が2022年5月4・5日にイベント列車「ありがとう413系【新北陸色】ラストランツアー」臨時運行をもって勇退した。

新北陸色に塗られた413系電車AM02編成の倶利伽羅方。先頭車はクハ412。金沢駅にて。

これにより413系電車の新北陸色は消滅した。
その「ありがとう413系【新北陸色】ラストランツアー」のイベント参加者より新北陸色AM02編成へ向けた惜別メッセージが あいの風とやま鉄道 富山駅 改札内コンコースに展示されている。

せっかくなので、それのメッセージ部分のアップも掲載しよう。

こちらの展示は、駅員さんの話しによると、まだ当分掲出されているということだが、せっかくなので、このタイミングで紹介させていただくことにした。

あいの風とやま鉄道413系これからの見通しは?

なお、あいの風とやま鉄道413系はJRから引き継いだいわゆる3両編成の電車で、AM02編成の運用離脱により残るのはあと3編成となった。このうち2編成は観光列車「一万三千尺物語」と「とやま絵巻」へと改造されているので、JR時代の面影を残しているのは、北陸色(ブルー1色)AM05編成のあと1編成ということになる。

あと1編成になった413系一般型のAM05編成は、北陸色(ブルー1色)に塗られたは電車。編成番号不明のためイメージ。富山駅にて。

このAM05編成は、現在は朝夕をメインに運用されているが、2022年度中には521系電車へ置き換え完了を予定しているとのことだ。

富山駅の顔ハメ

話題はズレるが、あいの風とやま鉄道富山駅コンコースラッチ外に展示されている、富山を代表する電車の顔ハメがあったので、その写真にて記事を締めるコトにしよう。

この北陸を代表する電車の顔ハメは、あいの風とやま鉄道 富山駅 の改札を出た正面の市電乗り場ソバに掲出されている。左から、413系一万三千尺物語、E(W)7系、521系、14760形、7000形、TLR0600形。

ここに掲載の内容はアップ日時点の情報になります。その後に状況の変化や、変更があった場合にはご容赦ください。

報告する