富山地鉄電鉄富山駅高架化工事進捗状況

2015年3月14日に北陸新幹線長野-金沢間開業して以後の富山駅を含む周辺の鉄道線連続立体化は、2015年4月20日にあいの風とやま鉄道上り線・JR高山本線が高架線へ切換え、2019年3月4日にあいの風とやま鉄道下り線が高架線へと切換えられた。そして富山地方鉄道は本線の電鉄富山駅から稲荷町方約1.0kmの高架化が2019年11月に都市計画の事業認可を受けて建設工事を開始した。

電鉄富山駅3番線・4番線は2022年8月時点では、元々の駅の雰囲気が残っている。電車は10030形。

上の地点からの稲荷町方の眺め。2番線への線路がすでに撤去されているのが判る。

高架化への建設工程は、まず線路の山(南)側に仮線を敷設する工事を開始していて、すでに旧1番線ホームが使用停止になっていたが、ついに2022年3月27日に仮1番線ホームの使用を開始して、同時に2番線ホームが使用停止された。

2022年3月27日のホーム切換えを伝えたご案内。

仮1番線ホームへは右端の旧1番線ホームを通って向かう。

旧1番線(右)・旧2番線(左)の状況。両線とも線路はすでに撤去されている。

上写真からも解るように、仮線の車止め位置が稲荷町寄りへ電車2両と少し分程移動している。

仮線を本線からの前面展望で眺めてみた

仮線切換えの記事は時期的にはかなり時間が経ってしまったが、そのお蔭により海側の仮線がどのように敷設されるのかの状況が予測できるまでに工事が進んでいたので、本線を走行する上り電車からの前面展望にてそれを眺めていこう。
海側の仮線は、現在の山側の仮線と並びで敷設される。電鉄富山駅仮ホームは2面2線で、車止めが約50m稲荷町寄りに移動するいう点を頭の片隅に入れて前面展望の写真を見ていただきたくお願いしたい。

電鉄富山駅から稲荷町方約1km地点に設置されたダブルクロッシング(両渡り分岐)。この先250m付近から高架線が始まるはずだ。

パワーショベルが居るあたりの下に都・大泉線が通っている。事業計画ではココの架道橋手前までが盛土の予定だ。

いたち川橋梁で、左が仮線。現・本線の部分に高架橋を建設するのだろう。

仮線のいたち川橋梁-都・堀川線間にはダブルクロッシング(両渡り分岐)が設置される。

ダブルクロッシングの先からS字を描いて仮ホームへと向かう。

仮線の都・堀川線(第2牛島架道橋)で、海(右)側線の橋台は仮線とは思えない程の立派なモノ。

左の白い柱が林立している所が仮2番線ホームになる。踏切は工事用車両専用なので一般人は渡れない。

仮線のルートはだいたい予想できたのだが、4枚上の写真の位置(堀川線-いたち川橋梁間)にダブルクロッシング(両渡り分岐)が設置されるため、いずれ行われる地平→高架への線路切換えが上下2線同時なのかor各線ずつ別々なのかの判断ができなかった。
この辺の工事予定は、線路切換えの日程が解りしだいココでお知らせしようと思っている。
撮影日:2022年8月1日

富山駅付近連続立体交差事業の詳細は下記URLにて。
https://www.pref.toyama.jp/documents/5371/01477220.pdf

報告する