伏木海陸運送の初戦相手が決定。『第92回都市対応野球大会』

富山県の総合物流企業・伏木海陸運送硬式野球部が、2021年10 月3日に開催された第92 回都市対抗野球大会第2次予選北信越大会にて優勝し、2年連続6回目の本大会出場が決定しました。
日本全国の代表チームが結集し、2021年11 月28 日(日)より東京ドームにて開催されます。
トーナメント方式による対戦で初戦は大阪ガス(大阪市)との対戦が決定しました。

2021年12月2日(木)14時から試合開始。

なお入場に際しては、チケットをご購入いただくか、1塁側 「伏木海陸運送受付」にてチーム入場券(座席の指定はできません)にてご入場可能です。
皆様の熱いご声援をお願いします。

社会人野球の頂上決戦「第92回都市対抗野球大会」
11月28日(日)~12月9日(木)

2020年都市対抗野球大会

伏木海陸運送 試合日程:2021年12月2日(木)14時開始

試合会場:東京ドーム
〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目3-61

対戦相手:大阪ガス(大阪市)

2021年度大会のチケットは、10月30日(土)午前10時より以下から販売予定です。
https://eplus.jp/sf/sports/baseball/baseball_toshitaikou-jaba

伏木海陸運送ご声援者は、1塁側 「伏木海陸運送受付」よりご入場ください。
チーム入場券をお渡しします。(座席は指定できません。全席指定となります。)

※新型コロナウイルス感染対策に関し、「日本野球連盟HP https://www.jaba.or.jp/
をご確認の上、ご来場下さい。

伏木海陸運送株式会社
本社:〒933-0104 富山県高岡市伏木湊町5番1号
設立年月日:1944 年( 昭和19 年) 3月31 日
代表者:代表取締役社長 川西 邦夫
URL:https://www.fkk-toyama.co.jp/

都市対抗野球大会とは
社会人野球の象徴・都市対抗野球大会。2021年で92回の開催となる。加盟全チームに予選参加権利が与えられるまったなしの戦い。
決戦の地・東京ドームで、本拠地の声援を背に熱戦を繰り広げる。
1927年(昭和2年)8月3日、第1回大会は神宮球場で12チームが出場して開かれた。
開催のアイデアを出したのは東京日日新聞(現毎日新聞)の記者、島崎新太郎。当時、野球は中等学校(現在の高校)、東京六大学野球が人気を集めていたが、プロ野球はまだ発足していなかった。だからファンが、かつて中等学校や大学野球の花形だった選手のプレーをもう一度見たいと願っても不可能だった。
こうしたファンの要請に応えるため、島崎は米国の大リーグのように都市を基盤とした実業団野球の開催を思いついた。東京日日新聞も、第1回早慶戦で早稲田大の主将を務め、島崎と同期だった橋戸頑鉄(本名・信)を客員に迎えて準備を重ね、開催にこぎ着けた。
公益財団法人日本野球連盟公式サイトより

報告する