富山と東京8月号(平成29年)発行

富山と東京8月号(平成29年)発行

※電子版の閲覧にはログインが必要です。

表紙の言葉

八尾諏訪町本通り
おわら風の盆の開催地区は、山の傾斜に石を積み上げ、その上に細長くできた高地に町並みを見せる坂の町です。
昔ながらの風情を残し、「日本の道100選」に選定された諏訪町本通りや、通りの両側を流れる「エンナカ」が奏でる水の音は、「残したい日本の音風景100選」にも選定されています。

目次

■目次
■ニュース
■連合会だより
<企画委員会>
<常務理事会>
<29年度懇親のつどい実行委員会・報告会>
■研修旅行サポート事業
<呉羽高等学校>
■会員だより
<東京黒部会 総会・懇親会>
<東京朝日会 総会・懇親会>
<葛飾区富山県人会 総会・懇親会>
<東京氷見会 総会・懇親会>
<杉並区富山県人会 総会・懇親会>
<多摩富山県人会 総会・懇親会>
<入善高等学校同窓会東京支部 総会・懇親会>
<横浜市富山県人会 総会・懇親会>
<東京八尾町郷友会 総会・懇親会>
■随筆「市井の古城95 鉢形城址」<連合会常任理事 湘南富山県人会名誉会長 藤村善作>
■随筆「幻のマイク」<連合会理事・東京入善会相談役 三日市晧氏>
■随筆「雷鳥の囁き163 超人:日野原重明医師追想」<連合会顧問 柴田吉之氏>
■県広報とやま
■首都圏だより
■イベント案内
■トピックス
■消息・編集後記
■協賛広告

編集後記

異常気象だろうか、九州での豪雨で甚大な被害をもたらし、また、東北でも大きな被害が出ている。富山県に大雨警報のニュースが流れるに付けて心配がつのる。
被災地の皆様には、心からのお見舞いを申し上げます。
災害の度に想うのは、自衛隊員の活躍である。国民の生命と財産を守るため、厳しい制約を受けながら、ひたすら救助活動を遂行する隊員に心から感謝を申し上げます。
さて、富山県人会は、百周年を期して、その歴史と伝統を守り、新たな未来つくりに取り組んでいます。
ふるさとの学生に対する、首都圏研修旅行サポート事業は、実施校や、参加学生から、その成果を大きく評価され、称賛を受けて居ります。
誌面をリニューアルした本誌も、その活動情報はじめ、富山県と首都圏、会員情報を可能な限り掲載し、好評を博しています。
これからも幅広く、ふるさと富山県に係わる、スポーツ、文化、観光、芸能等幅広く情報を伝えて参ります。

報告する