富山と東京6月号(平成29年)発行

富山と東京6月号(平成29年)発行

※電子版の閲覧にはログインが必要です。

表紙の言葉

富山の誇り・朝乃山関
表紙に富山県の風景以外に、人物を掲載するのは初めてである。富山県が誇れる関取朝乃山英樹関である。
関取のプロフィールは既に報じている。5月の東京場所から、富山県人会が贈った化粧まわしを付けての土俵入りした堂々とした姿は、とても1年前初土俵の力士とは思えない。化粧まわしに描かれた立山連峰は、朝乃山に実によく似合っている。県民が誇る立山連峰に向って、一歩も引かない力士として一日一日の勝負に挑んでもらいたい。

目次

■目次
■ニュース
■特集 天皇皇后両陛下 富山ご来訪
■平成29年度懇親のつどい
■連合会だより
<企画委員会>
<29年度懇親のつどい実行委員会>
■会員だより
<東京礪波同窓会 総会・懇親会>
<東京富山市友会 総会・懇親会>
<東京上市郷友会 総会・懇親会>
■随想「私記鬼平犯科帳29 五年目の客」<連合会相談役 石岡慎太郎氏>
■随筆「市井の古城93 駿府城址2」<連合会常任理事・湘南富山県人会名誉会長 藤村善作氏>
■随筆「怪物 スペンサー」<連合会理事・東京入善会相談役 三日市晧氏>
■県広報とやま
■首都圏だより
■イベント案内
■トピックス
■編集後記
■協賛広告

編集後記

富山県での開催は48年ぶりの、植樹際が天皇、皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、魚津市桃山運動公園で厳かに開催され、県民を上げての歓迎に心を打たれながら、滞りなく幕を閉じた。関係者のご努力に感謝を申し上げます。
首都圏に於いては、東京富山県人会連合会101回の「懇親のつどい」が6月2日ホテルニューオータニを会場に、富山県人8百余名が集い盛会に開催されました。
昨年は、100周年の節目の年で、多くの会員がその目標に全力を傾注したと思ったが、今年も昨年に劣らない盛り上がりを見せた。やはり富山県人ならではの、手を抜く事が出来ない真面目さは、県民性の表れで在りましょうか。
本誌の発刊日は、懇親のつどいの準備、プログラム作成、参加者の呼び掛け等、多忙を極めた環境の中で6月号の発刊にこぎつけることが出来ました。
県人会連合会では、様々な県人会活動を実施しながら、その模様を出来る限り多くの県民及び関係への広報に努めています。
ふるさと富山と、首都圏で活躍する県人の架け橋としてお役に立てる事を誇りに感じ、進めて参ります。

報告する