富山と東京1月号(平成30年)発行

富山と東京1月号(平成30年)発行

表紙の言葉

【雨晴海岸の初日の出】
新たな年の幕開け。富山の太陽は北アルプス立山を始めとして山から昇りますが、日本海に突き出た氷見からは海のご来光を迎えることができます。
この黄金に輝く海原のように、皆様の新しき一年が光り輝く年でありますように。

写真提供:(公社)日本写真協会(PSJ)会員 
NPS(ニコンプロフェッショナルサービス)会員
写真家 奈雲 誠(なぐも まこと)氏

目次

■目次
■ニュース
■会長・知事 年頭のあいさつ
■朝乃山と相撲の魅力 新春鼎談
■進路研修旅行サポート事業
<高岡第一高等学校>
<砺波高校>
■忘年のつどい
講演会<映画監督・本木克英氏>
■連合会だより
<企画委員会>
<常務理事会>
■会員だより
<練馬富山県人会 総会・懇親会>
<高岡工芸高校同窓会東京支部 総会・懇親会>
<首都圏礪波三田会 懇親会>
<関東富山県人五箇山会 総会・懇親会>
<東京庄川会 総会・懇親会>
<湘南富山県人会 忘年講話と忘年のつどい>
<らいちょうクラブ ボウリング大会・懇親の昼げ>
<東京富山県人婦人会「ふるさと民謡の会」忘年会>
■新春特集 干支を迎えて
■随想「私記鬼平犯科帳35 女掏摸お富」<連合会相談役 石岡慎太郎氏>
■随筆「市井の古城」<連合会常任理事 湘南富山県人会名誉会長 藤村善作>
■随筆「私は悩まない」<連合会理事・東京入善会相談役 三日市晧氏>
■ふるさとメール
■首都圏だより
■Spotlight
■イベント案内
■トピックス
■名刺広告
■協賛広告
■栄誉・栄任・編集後記

編集後記

明けましておめでとうございます。
昨年は、連合会創立101年の歴史を感ずる一年でしたが、本年も、気持ちを引き締めて、新しい創造に挑戦して参りたいと思います。
わが連合会は、全国に誇れる活動を実施して居ります。
特に、中・高校生の進路研修旅行サポート事業は、今年3年目を迎え、より充実を図らなければなりません。
昨年の最終回は、国会議事堂の見学を致しました。年末で多忙の中お世話頂いた橘慶一郎代議士(連合会参与)が生徒に県人会の献身的事業への取り組みを生徒たちに説かれました。(本文に記事掲載)
案内も、今年は九校、延べ約千名の生徒を、富山県所縁の場所や、生徒の関心が高い学校等案内致しました。生徒達の満足した姿、感謝を表す言葉には、私達が励まされました。県人会は引続き若い世代の育成と、その活動状況等を、「富山と東京」に掲載し、広く広報して参ります。

報告する