富山と東京1月号(平成31年)発行

表紙の言葉

【富山湾越しのご来光】
氷見海岸から北アルプスを望み、立山連峰から昇るご来光は、新しい年の初めを寿ぐかのように、黄金の輝きを増す。
富山湾越しのこの素晴らしい光景は、「世界で最も美しい湾クラブ」に相応しい。
今年もこの日の出の様に、輝かしい一年で有る事を祈念します。

表紙写真提供:写真家 奈雲誠氏
(公社)日本写真協会(PSJ)会員
NPS(ニコンプロフェッショナルサービス)会員

目次

■目次
■ニュース
■会長・知事 年頭のあいさつ
■進路研修旅行サポート事業
【富山県立櫻井高等学校】
【富山第一高等学校】
【高岡第一高等学校】
■県人会だより
【企画委員会】
【常務理事会】
■忘年のつどい
■新内「富士松鶴千代の世界」に富山県人会婦人会・五箇山会が出演
■会員だより
【氷見高等学校同窓会関東支部 総会・会員の集い】
【関東富山県人五箇山会 総会・懇親会】
【泊高校東京会 総会・懇親会】
【東京庄川会 総会・懇親会】
【東京砺波会 総会・懇親会】
【第40回大昭友の会 懇親会】
【湘南富山県人会 忘年講話と懇親会】
【倶楽部グリー 演奏会】
■随筆「世界一美しいスターバックス」【連合会理事・東京入善会相談役 三日市晧氏】
■新春特集 干支を迎えて
■随想「私記鬼平犯科帳47 瓶割り小僧」【連合会相談役 石岡慎太郎氏】
■ふるさとメール
■首都圏だより
■イベント案内
■飛翔 朝乃山
■名刺広告
■編集後記
■協賛広告

編集後記

新春のお慶びを申し上げます。
◆昨年は、日本各地において、実に災害の多い年でした。
大阪北部地震、西日本豪雨、台風21号、台風24号、北海道地震と続き、これらを合わせると、7年前に発生し、未だ復興が終わらない東日本大災害に匹敵する被害との報道が有りました。
これも環境破壊からの異常気象が原因かとも云われております。
今年は、少しでも災害の少ない年で有る事を祈るばかりです。

◆今年も県人会活動は、
(1)会員親睦交流と情報交換の舞台づくり 
(2)将来を担う青少年への実践教育支援事業の推進 
(3)富山県の伝統文化芸能の普及を通して、ふるさとへの誘客運動と支援活動 
(4)富山の食文化の魅力を広く首都圏へ発信する事業の推進を図ります。
時代の変化に対応したこれらの活動状況を、「富山と東京」は、正確で見やすい誌面作りでお伝えします。

報告する

関連記事